株式会社 創作屋
本社

〒710-0012
岡山県倉敷市鳥羽天神免41
TEL:086-462-3700
FAX:086-462-3704

東京
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-2-12
菱化代々木ビル
TEL:03-5785-1561
FAX:03-5785-1621

大阪
〒540-6591
大阪市中央区大手前1-7-31
OMMビル16F
TEL:06-6943-2111
FAX:06-6943-2586


創作屋ブログ

ブティク創

LABORATORY -服飾研究所-
創作屋・服飾研究所
   創作屋の服飾研究所は1955年(昭和30年)、岡山市内に設けられたオーダー工場としての発足に、その源流を求めることが出来ます。1966年(昭和41年)、岡山県倉敷市に服飾研究所を移し、今日の基礎が据えられました。
1971年(昭和46年)、フランス・ランバン社との技術提携に始まり、1981年(昭和56年)、英国・ジョージ・ハリソン社との技術提携、世界でも有数の技術を持つカフラ(カナリー社)、ボメザドリ、キトン、ブリオーニ、アツトリーニ、ゼニア等での技術研究を通し、洋服作りのルーツを習得、そこは、その名の通り、単なるメーカーとしての生産工場としての機能だけでなく、技術や素材、また縫製方法の研究所としての機能を果たしています。
 
研究所

創作屋の服作りの原点

 

 創作屋が求め、消費者に問い掛ける商品は、常に高品位・高品質で完成度の高い商品です。それはエレガンスに裏打ちされた、ニューモード。

            ファッションの神髄は「シック」にあると考えています。

        企画から生産に一貫して貫かれている、もの作りのキーワードは、

           「プレステージ・エレガント・ユニーク・ハイグレード」です。

ブランド依存型商品から商品依存型ブランドへの追及、技術追及型。
創作屋の特徴は企画・製造・卸と一貫した体制と言えます。
現在は、服飾研究所としてのバックボーンを持つ、工場として国内でも有数の、
ブティック創株式会社と連携し生産を行っています。
今日のブティック創株式会社は連綿と服飾研究所の精神と技術を継承し、「創作屋の服作りの原点」と言っても過言ではありません。

 

ハンドメードとハイテク技術の調和

 

 生産のレイアウトはハンドメードに近い生産体制を取っています。
少人数のチームで製作し、一人が洋服のいろいろな部分の縫製を手がけ、仕上げます。生地の厚さ、柔らかさ等の僅かな違いを感知するコンピューター調整によるプレスはハイテクノロジーを駆使し、シルクやカシミア等のデリケートな素材については手アイロンによる仕上げを主とし、生地の持つ風合いを損なうことの無いように仕上げます。パターン、裁断などはハイテク化の推進を図り、組み立てライン以降はハンドメードによる高技術な仕上げを行っています。
使用する様々な天然素材の変化に対応するため、湿度菅理が重要になり、加湿設備を整え、常時湿度65%前後を保ち、ハイテク技術により環境整備を行っています。
縫製の中間段階での服地の安定化のため、要所での加湿を行う、エイジィングコントロールボックスの導入。平らな服地を立体化するために欠かすことの出来ない、縫製技術。
サルトリア仕様の美しいシルエットを保ちつつ、ゆとりある動きと言う、相反する条件を成立させる技術。これらは、培われた技術の継承と世界に通用するモノ作りへの、あくなき追求の一端と言えます。

生産工程で生かされる技術
  裁断工程:

さまざまな素材、組織に合わせて、
CADで生地特性を入れたパターンを入力し、
サイズピッチを一定として製品の均一化を図り
CAMで裁断します。

                          裁断工程: 

オーダー、柄生地等、CAM裁断出来ないものは、
熟練した職人による手裁断を行います。
さまざまな素材を、対応するジャケット生地に対し、
ハンドにより、生地の厚さ、動きに合わせて裁断します。

 

  襟作り:

1着ずつクセ処理をし、ネックに沿った登り襟を作ります。
綺麗な襟を作るための重要な工程です。
この作業により、綺麗な襟のかえりと
ネックポイントに洋服の重さが分散される、
軽い着心地の洋服に仕上がります。
                                    襟作り:

襟先のゆるみの微調整をしながら、縫い上げを行います。
表地と裏地の距離により、綺麗な襟のかえりが決定します。
表側のゆるみ量と裏側のちぢみ量の微調整が、
美しい風合いの襟作りには欠かすことが出来ません。

 

  襟付け:

一枚襟のゴージ手マツリの躾打ち。
ゴージ線を手マツリすることで、上襟に適度なゆとりが生まれ、
ネックに沿った登り襟が出来上がります。
オーダー仕立てでは襟は身ごろとラペルのゴージ線に合わ
せて付けていく為、襟の型紙を持ちません。
したがって一枚襟は襟のかえりを良くし、登り襟になるよう
技術者が調整しながら付けていきます。
                         肩入れ(イセ処理): 

肩線に1.0〜1.5pのイセを背の肩に入れます。
洋服の着心地を決定する最重要な工程です。
平面の生地がイセ込みにより
立体的となり運動量が生まれます。
綺麗なシルエットも、この技術により創出されます。
  肩入れ(イセ殺し):

日本人の前肩体型を考慮し、イセをネックから肩先に向け、
アイロン処理をします。
良い洋服の条件のひとつとして欠かすことの出来ないのが、
前肩に仕上げる縫製です。
1着1着、技術者のハンドワークにより、洋服が立体的に
仕上げられて行きます。
                               表ポケット作り:

ダーツ処理された表身ごろに、1着ずつ、
腰ポケットの位置を決めていきます。
腰ポケットの口は両玉縁で、腰に添って丸みを帯びさせ、
自然な曲線を描くように、作り上げます。

 

  釦ホール:

表素材に合わせた釦ホールを作ります。
出来る限り釦ホールを細かくかがり、表地との段差を無くし、
しなやかな仕上げにします。

                                    仕上げ:

職歴40年以上の熟練した職人による、最終手アイロンで
着心地の良い美しいシルエットの洋服が完成します。
手アイロンによるプレスによって、
平面だった洋服が立体的になり
命が吹き込まれます。
 
  縫製完了(最終マトメ前):

前肩に入りネックに沿った、登り襟が完成。
表地にマッチした裏地の配色も大切なポイントです。
お客様に、ご着用いただく日を待ちます。

 
 Copyright(c)2005 株式会社 創作屋 All rights reserved.